手の型取り解説

手の型取り解説ボールにかたとってを入れ、ぬるま湯で良く攪拌します。お湯の温度は約35~40℃が適温です。指の場合は水の量を少し少なくします(重量比で水3:かたとって1の分量)。
※お湯の温度が高くなるとかたまり始めが早くなるので、作業の時間を考え、加水して適温に調整して下さい。


手の型取り解説 ペースト状になるまで、良くかき混ぜます。
※この時にお湯の温度が高すぎたり、攪拌に時間がかかりすぎると硬化が始まってしまいますので、手早くかき混ぜて下さい。


手の型取り解説先に手を入れ材料を流し入れます。
※手を自然な形にし、フチに手が当たらないように注意します。


手の型取り解説 硬化するまで待ちます。


手の型取り解説 フチから空気を入れるように動かしながら、慎重に手を抜きます。


手の型取り解説 石膏を流しいれます。


手の型取り解説石膏が完全に固まってから取り出します。


手の型取り解説石膏が引き抜けない場合は、かたとってをむしります。


手の型取り解説慎重にとりだして完成です。

  • 手指義手
  • 手部義手
  • 前腕義手
  • 上腕義手
  • 義足
  • 義耳
  • 義肢付属品

問い合わせ 0774-48-1151 info@satogiken.jp

よくある質問

東京出張所の予約日について

・無断で当サイト上のコンテンツを複製、転載、改変、編集などを禁じます。
・当サイトが提供する義手映像・義手画像などを権利者の許可なく二次利用を禁じます。

© 2013 SATO GIKEN Corporation. All rights reserved.